あじさいの剪定は7月中旬までに1回行えばokですが、あじさいを害虫や病気などから守るためには、11月から3月にかけて剪定するといつまでも丈夫なあじさいを保ち続けることができます。その時の剪定は、発芽のついていない枝や細い枝を剪定して、風通しを良くします。 アジサイを小さく保つにはどうすればよいのでしょうか。 まず、最も手っ取り早いのが剪定を行って小さく保つことです。アジサイはもともと、来年の花つきをよくするために剪定を行う植物です。花が咲いたあとの枝は、翌年の花のために剪定します。 アジサイは株が古くなってくると花が小さくなったり、咲かなくなってしまったりすることが良くあります。その理由は株が古くなり株を維持させる為に栄養分を消費する花を小さくしたり、咲かなくすることで生命を維持しようとしているからだと考えられています。 まったくのど素人ですが、自分の家の庭木が高く伸びすぎてしまったため、それを低くしたいと思い、チェーンソーまで購入しました。例えば、梅と金木犀は6mほどの高さになりましたが、それを3m程の高さにしたいと思います。しかし、あ アジサイは株が古くなってくると花が小さくなったり、咲かなくなってしまったりすることが良くあります。その理由は株が古くなり株を維持させる為に栄養分を消費する花を小さくしたり、咲かなくすることで生命を維持しようとしているからだと考えられています。 強剪定を行った翌年は花が咲きませんが、かなり小さくなります。 剪定して枯れるなど不安なときは、挿し木で苗を確保しておきます >>アジサイ 挿し木の仕方 . あじさい剪定で小さくしたい!切るポイントや時期、育て方について | 剪定お助け隊なら、たくさんのお客様からの大変ご満足いただいている弊社にお任せください!初めての方も安心してご利用いただける料金設定となっており、ご相談・お見積り・現地調査はすべて無料です。