ささがきしたごぼう。冷凍する前に切っておくのがポイント。 ななめ薄切りしたごぼう。切ったごぼうは酢水に浸ける。 冷凍前にさっと茹でる。 茹でてから、ラップにくるんで冷凍庫へ。 生のまま冷凍す … 食物繊維が豊富なごぼう。ですが、切るのに時間がかかったり、使いきれなかったりしませんか?ごぼうは上手に冷凍すれば調理時の時短にもなり、おすすめです。今回は、ごぼうの正しい冷凍方法や解凍のポイント、レシピなどをご紹介します。 「【冷凍保存】ごぼうの保存方法」の作り方。【2015.3.10】話題入りありがとう!下茹でしておけば調理も簡単!冷凍しといてあとでゆっくりメニュー考えよ~っと♪ 材料:牛蒡.. ごぼうといえば江戸の時代から庶民に愛されている野菜。 近年はごぼうに含まれているポリフェノールが体に良いと注目され、すりおろしたごぼうを料理の隠し味に使うなんて使い方もされていますね。 そんなごぼうは、いろいろな美味しいおかずにもなってくれます。 ただし、茹でることで、生のまま保存するよりも栄養素が流出してしまいますので、ごぼうの栄養素を十分に取りたいという方には生のまま冷凍することをおすすめします。 ごぼうの冷凍保存する方法. ごぼうは食物繊維が豊富で便秘対策にもってこい!抗酸化作用のポリフェノールであったり腸の環境を整えるのにとってもよい食材ですね。もっと手軽に使える様に冷凍保存しませんか?初めに下ごしらえをして冷凍することで手間をかけずにパパッと使えます! ごぼうは料理の用途によっては生でそのまま冷凍することも可能です。茹でる時間もないときに便利なので、時間がないときや特売でごぼうを大量に手に入れたときなどにぜひ活用してみてください。 皮をこそげ取ったらお好みの切り方でカットして、茹でてから冷凍するだけ。 でも料理に使うと、味が断然美味しくなるんですよね。面倒な下ごしらえを一度に済ませて少しずつ使える、便利な冷凍保存方法を探してみました! 茹でる 冷凍保存⓵. ごぼうの冷凍保存の方法。筋っぽくなって失敗しがちな「ごぼうの冷凍」について、野菜ソムリエプロが美味しく冷凍&解凍するテクニックを解説します。ぶつ切りで「生のまま」、ささがきや千切りを「油で炒めて」の2パターンを紹介。