扌(てへん) 氵(さんずい) 犭(けものへん) 阝(こざとへん) 方(ほうへん・かたへん) 日(ひへん) 月(つきへん) 木(きへん) 歹(かばねへん・いちたへん・がつへん) 火(ひへん) 片(かたへん) 牜(うしへん) 王(おうへん・たまへん) 電話で人名や住所を伝える時に、漢字を判りやすく伝える場合があります。例えば「佐藤」を伝える時に「にんべんに左、植物のフジ」などと。最近困っているのが「渕」や「淵」の説明です。「さんずいに…」の後がなかなか言葉に詰まって出 扌(てへん) 氵(さんずい) 犭(けものへん) 阝(こざとへん) 方(ほうへん・かたへん) 日(ひへん) 月(つきへん) 木(きへん) 歹(かばねへん・いちたへん・がつへん) 火(ひへん) 片(かたへん) 牜(うしへん) 王(おうへん・たまへん) 表二(常用漢字の異体字)はこちら→人名用漢字(表二) 同一の字種はページ下部の表に記載しています。 近年では、2015年1月7日に「 巫 」が、2017年9月25日に「 渾 」が人名用漢字に追加されました。 部首がさんずいの漢字一覧です。水部に属する部首で左側に位置するとき、「氵」の形になり、「さんずい」と呼びます。水・河川などに関する漢字、「氵」を含む漢字などが集められています。