156人(76.1%)で,浸潤がんは49人(23.9%) であった。なお,平成16年度のがん発見数 は,検診者数の減少が反映してか29人と最も は じ め に 先に我々は,分娩後わずか1年3ヶ月で子 宮頸部腺がんⅠb期の診断に至った症例を経 30代で2.1人(同174人)、40代で4.1人(同366人)。 もし仮に日本の20代女性全員(618万人)が検診を一度受けてしまうと、6万人を超える膨大な数の女性が手術を迫られることになるのです。 子宮がんには、頸部がんと 体部 (たいぶ) がんの2種類があり、がんのできる場所や原因等が異なります。 頸部がんは子宮の入り口である頸部から発生するがんで、ヒトパピローマウイルス(hpv)の感染がリスク要因とされ、30~40歳代の人がかかりやすく、近年20歳代でかかる人も増加しています。 この検査を子宮頸がん検診と呼びます。出血などの症状がなくても、20歳を過ぎたら、2年に1回の子宮頸がんの検診を受けましょう。またhpvワクチンを接種した方も子宮頸がん検診をうけることが奨められています。 どんな症状がありますか? 組合直営の医療施設での子宮頸がん検診. 子宮ガン検診のページ。当院では安心・安全・無痛の中絶手術を行っております。アフターピルのご相談もお受けしています。1人で悩まずに、まずはご相談ください。女性医師が多数在籍しておりますのでご希望の方はお気軽にお申し付けください。 厚生中央病院(東京都目黒区)及び中部健康管理センター(名古屋市東区)で子宮頸がん検診を受けたときは、1人につき補助限度額の2,000円に達するまで窓口での支払いを免除します。 (2,000円を超える部分については自己負担となります。 スポンサーリンク 子宮頸がんは女性特有の病気ですよね。 しかし、検診受けるにも勇気がいるのでなかなか出来ない人も多いですよね。 私も市からクーポンが届くまで、行く勇気が無くてなかなか行けなかったですね^^; ・・・