今まで車の寿命と言われていた目安。10年10万キロこれが一つの区切りだとされてきました。ですが、現在の車にこの数値は当てはまらなくなりつつあります。現在の車はどの程度使えるのか?それは20年20万キロが一区切りになってくる。この根拠を現役で ドライブ大好きなnovです。こんばんは。先日のことですが我が愛車、ホンダ・フリードが走行距離9万キロを突破しました!フリードの前フォルクスワーゲン・ポロGTiなんていう、完全に僕の趣味車に乗ってたんですが、2人目が生まれることになってチャイ

スポンサーリンク. すでに10万キロ走っていたなら、ただちに交換をしましょう。 これらの理由から10万キロに到達する前には必ず交換したいパーツですね。ついでにパワステのベルトやエアコンのベルト、ウオーターポンプなども交換しておくといいでしょう。
10万キロ走行したフリードを中古で購入しました。30万キロ走行するまで乗るために普段どのようなことに気をつければ良いでしょうか? エンジン・油脂類の消耗品管理 エンジン、車体・ゴム部品の定期的交換 走行距離10万キロでの車検の交換するべき部品 . 10年・10万キロに到達すると交換した方が良い消耗品も多くなります。ソレに掛かる費用と税金の関係を言い訳にして、乗っている自動車に飽きたことを思いつつ自動車を買い替える人が多いのが現実なのかな? でもね、消耗品を交換した方が安いと私は思ってしまいました。確かに一時的に10 10万キロを超えたあたりから、消耗品などの交換はどうしても必要になってきます。 実際に、筆者が20万キロ目前で車を買い替えるまでに行った主な部品交換の例を、ご覧ください。 ハイブリッドカーの歴史は浅いので10万キロ以上の多走行車を見かけることはあまりありませんでした。 しかし、最近は10万キロ超えのプリウスの中古車を見かけるようになりました。 そこで気になるのが 「10万キロを超えているプリウスの中古車を購入しても大丈夫か? 10万キロ無交換だったとしたら交換したことによる違いが明確に体感でき、見違えたように走りが安定する。ぜひ交換を。 ブッシュ関係 .
久々に調子の戻って来た愛車に満足してるnovです。こんばんは。我が愛車フリードもこの2月で7年、3回目の車検を受けることになりました。年数はともかく、走行距離が9,9万キロを突破し、10万キロ目前となったこともあり色んな所の消耗具合が厳しく ・必要な交換部品も出来たら中古部品がないかを確認すること . よく走行距離10万キロは廃車するかどうかの1つの目安時期といわれます。 その理由としては10万キロになった時点で 特定の部品が交換対象となる ということがあるからです。 それは . 1万キロから3万キロの間、または3年から4年ごとの交換をおすすめします。タイヤは劣化してすり減ると、スリップの原因など事故に繋がりやすい部品です。ギリギリまで使うのではなく、余裕のある状態で新品交換するようにしましょう。 サスペンション各部の接続部には、振動や衝撃を緩和する為にゴム製のブッシュがセットされている。これの寿命は7万~8万キロで10 プリウスの10万キロ走行時の部品交換について解説していきます。プリウスに限らず、自動車に於ける10年または10万キロというのは1つの節目だと言われ、様々な場所の部品交換やメンテナンスが増えて来る時期だと言われています。日本車は季候やロードコ 交換費用は、工賃含めて5,000円~2万円です。 一般的なスパークプラグは5,000円程度と安めですが、長持ちする白金プラグやイリジウムプラグだと2万円と高くなりますが、寿命が10万キロと長くなります。 これから20万キロに向けての中古車を探そうとされている方へ.