まずは、仕入れです。 仕入れとは、転売するために物を買うことです。 仕入れた物をメルカリで転売すると、違法となる可能性があります。 最近チケットの転売が問題になり「チケット不正転売防止法」が制定されるなど、転売について世の中の、そして法律の目は厳しくなってきています。 メルカリなどのフリマアプリによって、誰でも簡単にオークションをできるようになりましたが、それにまつわるトラブルも絶えません。 メルカリで物を転売することが違法となるケースは、『仕入れ』、『中古品』、『古物商許可』という3つのポイントから判断します。 ポイント1 仕入れ. メルカリ転売で稼ぐ方法を解説! トイの物販ブログです。 今回はメルカリ転売で 初心者に古物商が必要なのかを解説します。 メルカリ転売で 逮捕されたということを 聞いたことがある方もいるのではないでしょうか? メルカリ転売 […] メルカリで物を転売するのに許可は不要です。 ただし、仕入れた中古品をメルカリで転売したり、メルカリで中古品を転売目的で仕入れるには、古物商許可という許可が必要になります。 古物商の許可の必要性 例えばメルカリやオークションで50件以上、買った物をメルカリで出品する際には古物商の許可が必要でしょうか? 転売額が100万円を超えないなら監査が入らない! だから、メルカリせどりに資格要らないよね!と安易に考える人いますよね。でもこれは間違いです。 古物商の資格って警察許可なので、 税務署関係ない … 古物商の許可の必要性. フリマアプリであるメルカリでは、要らなくなったものの中古品を売買することができます。しかし、どんなものでも自由に売買できるということではなく、医薬品などの命にかかわるものや、不当に価格を吊り上げられては困るものの出品は禁止されています。