ログイン成功、リモートする側から実行した、 タスクマネージャーが起動していました。 これで、黒い画面からは開放されました。 とりあえず合わせ技で電源切断は、回避できました。 「リモートデスクトップの黒い画面」で、詰みそうになった時の リモート接続時に画面が真っ黒なまま何も表示されない不具合についての記事になります。解決するには次の4つの方法があります。①接続先PCを再起動する②「Ctrl」+「Alt」+「End」を押す③「ビットマップのキャッシュを保持する」のチェックを外す④画面の解像度を変更する リモートデスクトップエンジニアのブログ。 RDP(一般的にはWindows標準搭載のリモートデスクトップの事)を使ってTrueRemoteを起動させて、RDPを切断するとTrueRemoteの画面が真っ黒になるとゆー例 … Windows 10 1903 リモートデスクトップ 画面真っ黒 リモートデスクトップ RDP接続がWindows 10 1903 の場合には、不具合があります。真っ黒の画面↓接続情報メッセージ↓接続は出来るのですが、画面が真っ黒になり、正 作業を終えていつものように、リモートデスクトップを切断(サインアウトではない)し、もう一度作業のため、リモートデスクトップ接続を行ったところ、黒い画面が表示され、画面が動かな … リモートデスクトップ接続をしたときに画面が真っ黒になります。 真っ黒になるのはいくつか原因があるよう、ビットマップキャッシュの問題もあるのですが、今回は違って接続先のグラフィックドライバーが変なことをやっているようです。