2. 非課税通勤費の限度額. 電車・バスを利用…月額150,000円まで; マイカー・自転車で片道55キロ以上…月額31,600円 非課税通勤費には限度額があるため、それを超えた場合は「課税通勤費」として所得に含める必要があります。 非課税交通費の限度額. パートやアルバイトで扶養に入る場合. 交通費に関しては、職場に確認すれば現在の状況が分かるはずです。 103万には含まれないがアルバイトでも交通費の見直しを怠らない. ・1ヶ月の交通費が10万円以下であれば非課税 ・1ヶ月の交通費が10万円以上であれば課税 . 106万円の壁に交通費が入るか?入らないか? は、ボーダーラインにいる私たちにとってはとても重要な問題です。 年収が106万円未満だとしても、一年間の交通費ですと、 ひと月5000円としても年間6万円も加える事になり、106万円の壁を越えてしまいます。 基本的に非課税となる交通費は「103万の壁」としてそれほど恐れる必要はありません。

皆さんは、パートとして働いている人に交通費は支給されるのかご存知でしょうか?さらには、その支給される交通費は課税対象になるのでしょうか?今回の記事では、交通費の課税や、非課税額の条件、交通費支給の有無について詳しく解説していきます。 ⇒パート収入はどこまで非課税か? ⇒パート収入の計算に欠かせない給与所得控除と基礎控除の仕組み ⇒パート収入に対する税金の計算式 ⇒均等割非課税限度額は地域によって異なる ⇒パート収入の税金解説 ⇒パート収入を無税にし配偶者控除の適用も受けるには? パート収入はどこまで非 就職のプロに相談してみる.