実印とセットで使用される印鑑証明書ですが、必要になる場合は3ヶ月以内に取得したものなどの”条件付き”である場合が多いです。では、印鑑証明書そのものに有効期限はあるのでしょうか? 印鑑証明書そのものには基本的に有効期限はな … 賃貸契約は書類の記入や準備が大変ですよね。ついつい家具の準備や新しい生活に気を取られて、後回しにしがちです。事前に準備をしておくことによって、賃貸契約がスムーズに完了します。今回は賃貸契約で印鑑証明が必要かどうかを紹介していきます。 さまざまな契約の際に必要となってくる書類のひとつに、印鑑証明書(正式には印鑑登録証明書)があります。以前に取得したまま、ずっと手元にあるという人もいらっしゃるのではないでしょうか。そんなときに気になるのが有効期限。印鑑登録証明書の有効期限は3ヶ月? その中には印鑑証明書、住民票、車庫証明書(正式名称:自動車保管場所証明書)などには、役所や警察署が発行してから1~3か月の有効期間が定められている。通常は、有効期間が過ぎた証明書は効力を失い、自動車登録申請が受理されなくなる。

賃貸契約で必要になる連帯保証人と印鑑証明の関係について説明しています。なぜ連帯保証人が必要なのか?なぜ連帯保証人は印鑑証明を提出する必要があるのか?その理由を丁寧に解説しています。連帯保証人が不要な保証会社のシステムについても紹介しています。 食品などは、賞味期限というものが明記されています。また、商品券や定期券、切符なども有効期限が明記されています。ところが、住民票、戸籍謄抄本、印鑑証明書などは、有効期限が明記されていません。交付年月日が記載されているだけです。
賃貸物件の契約時に、仲介不動産業者さんから入居者本人の住民票と連帯保証人の印鑑証明を求められ、渡しました。個人的にそれらは、入居者本人の実在性(身元)の確認と連帯保証人が偽りない本人である証明のために用いられるのだと思って