雇用保険法等の一部を改正する法律(平成28年法律第17号。)により、平成29年から65歳以上の労働者についても雇用保険の適用対象とされているところ、経過措置として、令和元年度までは、満64歳以上の高年齢労働者に係る雇用保険料は免除されていました。 厚労省を名乗る怪しい文書2019年11月下旬、一通の封筒が来た。差出人は厚生労働省!中を見ると、「雇用保険の追加給付に関するお知らせとお願い」という文書と、他に数通の紙が入っている。なんじゃこりゃ???丁重なお詫び!「雇用保険の追加給付に関 厚生労働省職業安定局雇用保険課から身に覚えのないお手紙が届きました。 皆さんの中にも届いた方はおられますでしょうか? このお手紙は一体何のお手紙なのでしょうか?ちょっと調べてみましょう。 お手紙の中身は お手紙には、5枚の書類と1通の返信封筒が入っていました。
厚生労働省広報基本指針 ; 大臣記者会見 ... 「求職者支援制度」とは、雇用保険を受給できない求職者の方が職業訓練によるスキルアップを通じて早期の就職を目指すための制度です。 施策の紹介. 厚生労働省から、雇用保険の追加給付金に関するお知らせとお願い。って言うことで手紙をもらいましたがこの封筒から見てなんで私書箱に返信?って思いました。今詐欺が流行ってるとはいえどれが本物かわかりません。 厚生労働省は「高年齢労働者の雇用保険料納付免除規定の廃止についてのリーフレット」をホームページに掲載した。令和2年4月1日から、すべての雇用保険被保険者について雇用保険料の納付が必要と …
雇用保険では、失業中の生活を心配しないで新しい仕事を探し、1日も早く再就職できるよう、窓口での職業相談・職業紹介を受けるなどの求職活動を行っていただいた上で、失業等給付を支給しております。

雇用保険につきましては、平成29年から65才以上の労働者についても雇用保険の適用対象とされているところ、経過措置として、高年齢労働者(注1)に係る雇用保険料は免除されていました。

ホーム> 政策について> 分野別の政策一覧> 雇用・労働> 雇用> 雇用分野のトピックス> 【重要】雇用保険の適用拡大等について 【重要】雇用保険の適用拡大等について ~ 平成29年1月1日より65歳以上の方も雇用保険の適用対象となります ~ 高年齢労働者に係る雇用保険料の免除措置終了について 令和2年4月1日から、すべての雇用保険被保険者について雇用保険料の納付が必要となります その他関連情報 令和2年4月1日から、高年齢労働者の雇用保険料納付免除規定が廃止され、それまで雇用保険料が免除されていた高年齢労働者についても、他の雇用保険被保険者と同様に雇用保険料の納付が必要となります。厚生労働省からも、再び、その旨の案内がありました(令和2年4月13日公表)。 雇用保険被保険者資格取得届等、雇用保険関係手続の多くは、平成16年3月より、インターネットを利用した電子申請が可能となっています。電子申請による届出・申請を積極的にご利用ください。 労働保険とは労働者災害補償保険(一般に「労災保険」といいます)と雇用保険を総称した言葉であり、保険給付は両保険制度で別個に行われていますが、保険料の徴収については、両保険は「労働保険」として一体のものとして取り扱っています。 基本手当を受給されるみなさまへ(雇用保険受給者説明会用動画) (上記リンクをクリックしますと、Youtube厚生労働省動画チャンネルへつながります) 雇用保険関係手続の電子申請のご案内. 求職者支援制度とは、雇用保険を受給できない求職者の方(※1)に対し、 1.