厚生年金の空白期間のない転職の仕方とは? では転職で最もタイミングのばっちりな方法についてまず紹介します。 転職となると前職では厚生年金の資格喪失となり、転職先では厚生年金の資格取得の手続きをします。 資格喪失 退職日の翌日 昨今は定年前に退職・転職する方も多いのですが、当人はそこまで何度も経験しないため、特に厚生年金などの手続きが気になる方も多いです。不正や不備の可能性もありますし、知っておきたいでしょう。そこで今回は、退職時の厚生年金の手続きをお伝えします。 厚生年金保険の記録と見比べてみると、理由がわかりました。 ある会社を辞めて次の会社に入社するまでの期間は、厚生年金保険が途切れて、国民年金になっているのです。 当時はそれに気が付かず、未納のままになっていたのです。 ある会社に勤務していたのですが、次のような事情があり、今後どうなっていくのか知識がないため教えてください。(1)、2004年春、卒業後a社に就職。厚生年金基金があったが、就職から1年後くらいに解散した。なお、この冬(2007年)に脱 企業型確定拠出年金(企業型dc)に加入中の方は、転職時に手続きが必要になります。どのような手続きが必要になるのか、転職先に企業型dcがある場合やそうでない場合、自営業や公務員、主婦になる場合など、さまざまなパターンに合わせてわかりやすくご説明します。