ビジネスのグローバル化が進む中、社員の英語力を高めたいと考える企業が増えていますが、課題も少なくないようです。アルクは2019年3月8日、東京・市ヶ谷にて企業の人事・研修担当者を対象にしたセミナー「戦略的自己学習で社員の […] 担当者は現在出張中なので、週明けまで回答を待ってもらう. 1. 仕事の上で、絶対に失敗できない場面というのがあります。また、絶対に失敗は許されないという想いを、周囲とシェアすることが必要なときがあります。 2. 英語の電話も怖くない。落ち着いて対応しよう! 英語の電話に対して、“One moment, please.”だけで済ませてしまうのではなく、きちんと対応できるようになれば、社内でも一目置かれるかもしれませんね。一度うまく対応できれば、自信にもつながります。 英語ができない問題点は以下の6点。 1.日常会話に必要な単語や表現を知らない 1つ目は、学校教育で習ってきた英単語や熟語のレベルが、海外の日常会話で使われているそれらのレベルとマッチしていないということです。 外国の企業に電話を掛けたり受付で担当者を呼び出すときに、相手の名前がわかっているときには、「May I speak to Mr. Carter」などと伝えることができます。 では、相手の名前がわからない時、「担当者」を英語でなんと表現するかわかりますか? つまり、教育委員会が定めたレベルに達していない英語担当教員が全体の68%になる。英語能力がそのまま指導力と直結するわけではないが、やはりより深い知識を求める生徒にはそれ相応の実力が必要になるのは否めない。 長い間、あなたのメールにすぐ返事することができず、申し訳ございません。 我々はこれらの案件(課題)を我々の設計者とともに確認しているところですが、担当者は現在出張中です。
ネイティブ講師が使う英語表現の技、是非、ご活用下さい。 まとめ.