最低賃金ランキング2019年 2019年の日本全国47都道府県の最低賃金(最低時給)のランキング上位5位です。 ※ 最低時給の金額をクリックすると 年収計算ページ に遷移します。 世界の最低賃金oecdが世界各国の最低賃金を公表しています。2016年度の各国の最低賃金を見てみます。ドルを円換算するときは、2016年の平均レートに近い1ドル=112円で計算しました。オーストラリアは時給1456円にも全体では、オーストラ

最低賃金とは国の法律によって決められている 労働者に最低限支払わなければならない 時給の最低ラインのことであり、 その国で働く限りすべての労働者は この最低賃金が法律上保証されています。 それでは 世界で最も時給(最低賃金)が高いのは一体どの国なのか?

一方、ランキング下位は九州や東北など日本列島の両端に集中している印象です。 全国の平均時給(加重平均)は901円で、引き上げ以前と比べると27円増となりました。 今回の最低賃金引上げは、2019年10月より順次実施されます。

「世界の最低賃金ランキング」をメインテーマに、「日本の最低賃金」が先進国で最低&アジアでトップという事実と、日本企業が海外進出した際の「最低賃金という指標」の重要性について、さらにはベースアップを続ける「東南アジア諸国の最低賃金の最新情報」についても解説します。