東京メトロは2019年3月26日(火)、同社グループの中期経営計画(2019~2021年度)「東京メトロプラン2021」を発表。 車両の置き換えが進む日比谷線、丸ノ内線に加え、有楽町線・副都心線と半蔵門線にも新型車両を導入する計画です。 東武鉄道が日比谷線直通用の新型車両70000系を公開。東京メトロの日比谷線用新型車両13000系の兄弟ともいえる車両ですが、異なる個性も少なくありません。この70000系の登場で、東武線と日比谷線はどうなるのでしょうか。 5直の車両の中で、乗っていると車内が一番広く感じるのが東京メトロの10000系なのですが、気のせいですか? それとも、実際に座席が少し狭い代わりに通路幅が広かったり、車体幅が広かったりしますか? 他鉄道路線と相互乗り入れしていない東京メトロ銀座線・丸ノ内線、都営地下鉄大江戸線は標準軌(1435mm)である。なぜ狭軌(1067mm)にしなかったのか?銀座線の開通当時の地下鉄の位置づけは「鉄道」ではなく「軌道」であっ 東京メトロは2019年3月26日、2019年度~2021年度までの中期経営計画「東京メトロプラン2021」を策定したことを発表しました。経営目標値は連結キャッシュフロー4000億円 こちらは、東京メトロが新型車両設計へ、何を変える?のページです。日刊工業新聞社のニュースをはじめとするコンテンツを、もっと新鮮に、親しみやすくお届けするサイトです。 東京メトロでは、ウェブサイトで目安値を満たしている車両扉の乗降口を駅毎に確認できます。対象駅は銀座線、丸ノ内線、千代田線の全駅及び東京2020大会会場最寄り駅です。 メトロも同じ20m車体の路線でも、車体幅の限界は、各線ごと異なりますので、運転される車両も、車体幅が異なるものもあります。 ということで、地下鉄は全車両がストレート車体、地上用は少しずつ幅広車体が増え始めたという様子ですね。