文章の途中でも、サイドバーを表示することで、いつでも目次を見ることができます。 目次. 母子家庭(シングルマザー)の仕事や収入、受けられる支援制度や助成金、手当や割引制度など、「離婚したいとお悩みのあなた」「すでに離婚を決意したあなた」に、ひとり親で子どもを育てる生活に役立つ情報を紹介しています。 2.母子・寡婦福祉. 出産と子育てで貰える社会保障一覧。誰でも子供を出産して育てられる社会を目指すための保障制度です。出産や育児にはそれなりの費用が掛かりますが、補助金や援助・貸付制度をうまく利用すれば家庭の負担もかなり減らすことが出来るでしょう。 シンママブログ管理人さなです。母子(父子)家庭の所得によっては、窓口負担がない措置はありますが、母子家庭だけを条件に国民健康保険料を減免する制度はありません。そして、国民健康保険料は、無職でも原則ゼロ円はあり得ません。また、国民健康保険は、

「お金のプロが教える貯金・節約術」3回目となる今回は、シングルマザーが貯金を増やす4つの方法の中の1つである「収入を増やす」についてお話ししたいと思います。 ★ 前回の記事を読み逃してしまった方はこちらをチェック ⇒ シングルマザーの支出を減らす節約テクニック! わたしは、子供二人抱えて会社の社会保険に入っていたこともあるし、自営業として国民健康保険にも入っていたことがありますが、勤め人は黙って会社の社保一択が一番です。 スポンサーリンク. 母子家庭の国保料と社会保険どちらが得ですか?数年まえに主人が亡くなり、母子家庭となりました。幸い主人から相続したマンションの家賃収入と、遺族年金をいただいているのですが、生活は預金を取り崩しています。去年派遣社員で働き出 【母子家庭(シングルマザー)の手当て・支援制度を完全解説!】母子家庭の場合、1人で子供を抱えて生きていくのは大変です。実感も頼れない場合、母子家庭の方が貰える手当てはいくらなのか、所得制限などの条件はないのか、子どもが何歳まで貰えるのかを解説します。 母子家庭は社会保険に加入していないというケースも少なくありません。 母子家庭の母親の就業形態が短時間のパートやアルバイトである事が多く、会社の規定で社会保険に加入できない場合が多い せいでしょう。 こうした場合の多くは国民健康保険および国民年金に加入していますが、果たしてそれは母子家庭にとって正しい選択なのでしょうか。 社会保険は損? 母子家庭(シングルマザー)のための助成制度を分かりやすく解説しています。社会保険、国民健康保険、国民年金の保険料免除、医療費助成、保育料の減免、公共交通機関の料金の割引、寡婦控除など利用できる制度はたくさんあります。 母子福祉の制度は、経済的にも社会的にも精神的にも不安定な生活になりがちな母子世帯について援助を行い、母子家庭に対し、経済的な自立と、扶養している児童の福祉を増進させるためのものです。 母子家庭が受け取れる手当はいくつかあります。一番認知されている手当に「児童扶養手当」があります。 児童扶養手当は、父母が何らかの理由(主に離婚)によって、子供を一人親で養育していく場合に、地方自治体から支給される手当のことです。