「自転車通勤時の 汗を抑える 方法:ポイントは下着のチョイスと上着の生地」 についてご紹介しました。 自転車通勤時の汗を抑える方法は. 自転車通勤、はやってます。でも、自転車を漕ぐというのは運動の一種でもあります。寒い季節や涼しい季節なら、さほど問題はありませんが、夏などの暑い季節には、やはり汗をかいてしまいます。仕事を始める前に汗だく!そんな経験はありませんか? むしろ自転車通勤のみならず、日常的にも使えるアイテムばかりです。 汗対策に悩んでいる方は参考にしてみてくださいね! ※↓他にもこちらの記事もきっと参考になります! 自転車用ヘルメットの汗対策に!『Haloスリムヘッドバンド』が凄い! は、夏でも片道6km以上自転車(完全自力チャリ(-_-;))で通勤して会社に行って、会社に着いたら滝のように汗が流れて汗だくになってます。 そんな僕がいつもやっている、すぐに汗を引かせて止める簡単な汗止め対策の方法を紹介します(' ')ゞ

自転車を漕ぐと汗が出ますので、そのとき、頭からも汗が出ています。 季節関係なくヘルメットの中でかきます。 夏ですと、ものすごい量の汗をヘルメットの中でかいています。 垂れてくる方も多いと思います。 この汗による水分が、髪がぺちゃんこになる原因なのです。 しっかり洗髪して� つまり、自転車通勤なら、同じ距離を徒歩で通勤した場合と比べて、平均して3倍のスピードでも汗をかかずに通勤できるということです。大ざっぱな計算ではありますが、いずれにしても「自転車を使えば、大量の汗をかかずに効率的に通勤できる」というのがポイントです。 アンダーウェア(下着)の効果が大きい 「撥水性アンダーウェア」という登山用の下着を流用すると良い