赤ちゃんの頃に股関節脱臼が治っていても、臼蓋の成長が追いつかず、手術が必要なこともあります。 赤ちゃんから長期で治療している場合、子どもの成長を見ながら5~7歳くらいで手術することが多いで … 先天性股関節脱臼を予防できるの? 生まれつきになりやすい病気ですが赤ちゃんによっては脱臼しやすい状態の赤ちゃんもいますのでしっかりとした予防対策が必要になってきます。 基本的には赤ちゃんの脚を自由にすることが1番の予防方法です。 ふと気づくと内出血のようなあざを見つけたことはありませんか?どこかにぶつけた覚えのないのに不思議に思ってしまいますが、もしかするとそれは病気のサインかもしれません。今回は覚えがない内出血の原因と考えら 妊娠が成立することによって母体の血液量が増加するようになります。これにより「めまい」がする、熱っぽくなると言った妊娠初期症状が出る人がいます。その他にも絶えずからだがポカポカしていたり、いつも頭がボーとしたりすることもあるでしょう。 生まれてしばらくすると、赤ちゃんの頭皮や顔などの皮膚がむけてカサカサになることがあります。これは新生児落屑(しんせいじらくせつ)といい、特別な病気ではありません。新生児落屑について、原因、いつまで続く症状か、保湿ケアの方法などをまとめました。 新生児のおへそにはへその緒がついています。へその緒が取れるまでは、生後1週間~2週間ほどかかります。その間、ママはへその緒の付け根を消毒しなければなりません。ここでは、新生児のおへその消毒の方法とケアの仕方について、医師監修の記事で解説します。 また右より左に多く、最近の傾向として家族歴(血のつながった家族に先天性股関節脱臼や変形性股関節症な ど股関節の悪い人が存在する)のある赤ちゃんが多くなってきています。日本はむかし脱臼多発 … 赤ちゃん・新生児に多い肌トラブルである「おむつかぶれ」の原因と対策について紹介していきます。おむつかぶれは何度も経験する悩みでしょう。原因は、うんちの回数が多いのに加え、おしりを拭くときの刺激が強すぎるために起こります。