鯖(さば)の栄養、効能効果 . 鯖は、真鯖とごま鯖では旬の時期が違う。真鯖は冬に脂がのって美味しく、10月から2月ごろと言われている。一方ごま鯖は夏に脂がのり、特に、7月-9月の沼津のごま鯖は真鯖に劣らないほど脂がのって美味しいと言われているのだ。 バター、ラード、マーガリン、紅花油、コーン油、大豆油、ごま油、サバ、オリーブオイル、アボカドオイル…油の種類は数ありますが、結局どれが健康によい油で、どれが気を付けるべき油かわかりますか?代表的な食品や油の例を挙げながら、使い方のポイントを分かりやすく解説します。 そして、鯖の脂にはdhaやepaなどのω-3脂肪酸が豊富に含まれているため、健康にもとても良いのです! ちなみに鯖に含まれる栄養については、こちらの記事に詳しく書いたので、良ければご覧ください! 効能効果:高血圧予防、ボケ予防、動脈硬化予防、眼精疲労緩和、肝機能強化; サバは大変脂の多い魚で、豊富な脂質は栄養面でタンパク質を補い、体力をつける働きがあります。 鯖の栄養と効果を探っていきます。塩焼きや味噌煮、寿司ネタなどで人気のある鯖(さば)には、セレンやdha、epaなどの栄養を豊富に含んでおり、アンチエイジングの効果や、脂質異常症対策、高血圧を予防する効能などがあります。 魚などに多く含まれるオメガ3脂肪酸が注目されているのは、多くの健康効果が確認されているためだ。血管壁にくっついたldl(悪玉)コレステロールを取り去る、hdl(善玉)コレステロールを増やして中性脂肪を減らすなど、実に多くの効用がある。 サバは脂がのっていて美味しく、とてもよく食べられる魚です。しかし、脂が豊富な分、カロリーやコレステロールが気になるところです。でも、実はその脂肪分には、優れた健康効果があります!今回はサバの栄養の効能についてお伝えします!