令和元年度災害時自然現象報告書 災害時自然現象報告書とは、暴風・豪雨・地震等の自然現象による災害が発生した場合に、関係機関等の防災業務の参考とするため、災害を引き起こした現象や気象庁のとった措置等の概要を取り纏め作成・公表しているものです。 このカテゴリには 10 ページが含まれており、そのうち以下の 10 ページを表示しています。 気象庁が提供するページです.


広報新ひだか 2019年5月号; 危険度分布を活用して大雨災害から身を守る≪気象台からの防災メモ≫ 危険度分布を活用して大雨災害から身を守る≪気象台からの防災メモ≫ 16/44.

災害救助法は10月15日現在、1都13県の390自治体に適用されている 。 10月18日、総合法律支援法第三十条第一項第四号に基づく指定を行うための政令を施行 。 気象庁. 気象庁は、10月9日に早期警戒を呼びかける第1報を発出 。 2019年も残すところあと半月。 今年は、台風19号や15号など、台風による甚大な被害が相次ぐ年となりました。 ウェザーニュースでは、日本で発生した気象を中心とした自然災害や自然現象の中から、独自に「2019年気象10大ニュース」を選びました。 日本は台風・地震など災害が多い「災害大国」と言われています。地震はいつ発生するかわからないですが、台風・大雪という気象情報は事前に天気予報である程度は予測できますよね。そのため、災害が発生する前に事前にしっかり準備をすることが重要になります。
カテゴリ「2019年の日本における災害」にあるページ. 気象災害軽減コンソーシアム 協力 防災教育チャレンジプラン 日時 「2019高専防災コンテスト 第2回地域防災力向上チャレンジ 最終審査会」 【新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、イベント開催を中止することといたしました】 一般財団法人 日本気象協会(本社:東京都豊島区、理事長:長田 太、以下「日本気象協会」)は、2019年12月4日(水)から6日(金)まで東京ビッグサイト(東京都江東区)にて開催される「第1回環境・再エネ・レジリエンス展 気候変動・災害対策Biz 2019」にて、ブース出展と講演を行います。 日本で起きた災害一覧 自然災害はいつ発生するか分かりません。 いつ発生するか分からない自然災害のために、日ごろの備えが必要となります。 ここでは参考までに2000年以降に日本で起きた自然災害をご紹介します。 2019年9月 台風19号