青色申告で複式簿記の帳簿をつけたら、特典として最大65万円の青色申告特別控除が受けられますが、それとは別に10万円の控除もあります。この「10万円控除」とはどのようなものでしょう。今回は青色申告による最大10万円の青色申告特別控除について解説。

青色申告特別控除を10万円から65万円に変更する場合には? 今までなんとなく帳簿をつけていて10万円の控除しか受けていなかったけれど、頑張って65万円の控除を受けようと思っている方もいるかもしれません。 そのときに何か手続きはいるか? 2020年(令和2年)分の確定申告から、控除の金額などについて大きな改正があります。この改正で、基礎控除は38万円から48万円に増額。そして、青色申告特別控除65万には新しい要件が追加され、電子申告か電子帳簿保存をしないと控除額が55万円に減ってしまう事となりました。

2020年分の確定申告(2021年2月16日~3月15日に行う確定申告)から、青色申告特別控除が改正されます。 2019年分までは、控除額は10万円か65万円の2パターンでした。 こんな方に向けた記事です。 青色申告10万円控除と65万円控除の違いとは 1年間の所得金額を確定申告する際に、青色申告で行うと、特別控除という所得に対する控除の特典を受けることができます。 この青色申告の特別控除の金額には2種類あります。10万円の控除と65万円の控除です。 「青色申告決算書」の 4ページ「貸借対照表」は無記入で、1ページと「確定申告書 b」にある「青色申告特別控除額」欄は 65万でなく 10万と記入しておけばよいです。 >何か提出義務があったり… 「青色申告決算書」と「確定申告書 b」。 青色申告; 青色申告特別控除: なし: 10万円 65万円: 損失の繰り越し: 以下に該当する部分のみ繰り越し可能 ・所得が変動所得(漁業の漁獲高や養殖による所得、印税、原稿料、作曲料など)である場合 ・災害により商品や店舗、機械、山林等に被害が出た場合。 青色申告特別控除の変更点. 今年から青色申告をするフリーランスのものです。昨年の確定申告提出の際税務署に申請をだしたのですが10万か65万を選ぶ時に65万を選択しました。今年に入って弥生会計で帳簿をつけだしたのですが仕事が忙しくなってきてしまい、わからな